In this browser the site may not be displayed correctly. We recommend that you install a modern browser.

Chrome Safari Firefox Opera Explorer
29.05.2017

それぞれの業績による経済効果を倍増させるためには、すべてのTOR(先行発展領域)間の連携を組織しなければならない。

先行発展領域の個別の発展だけではなく、その業績による経済効果の強化のために、それらの相互作用について考えなければならない、とKolmar Coal Mining Company社長、セルゲイ・ツィヴィレフは考えている。

「もし我々がTOR間の連携を組織するならば、我が国への経済効果は数倍になります。私は他のTORからの同僚たちと、もっと付き合いたいと思います。例えば、ハバロフスクにおけるTORへの訪問は気に入りました。私はこのTORの住人と話したのです。私たちは共同で彼らの製品を販売することができ、私たちは外国からではなく、ハバロフスクから彼らのところで製造された電気機器を運搬する、という長期契約を我々は締結しました。これはとても素晴らしいことで、私は、このようなビジネス・コンタクトが非常にたくさんになることができれば、と思います。」とS. ツィヴィレフは木曜日に極東開発省の協議会にて表明した。

S. ツィヴィレフの発言によると、TORにある何らかの企業は、外国のパートナーから肯定的な反応が出る、とのことである。

「もちろん、彼らにとって、企業がTORに入ったということは、税の優遇という意味を持ちますが、おそらくもっと大きな意味を持つのは、その企業がすべての国家による検査を通過したということでしょう。事実、TORに住所を置くことになった企業であるということは、その企業の品質保証の証なのです。」と彼は指摘した。

さらに、TORの効果的な業務のためには、「Kolmar」社長の言葉によれば、鉄道および自動車道路、および極東との空路交通の発展が不可欠である、とのことである。

彼は同様に、TOR「南ヤクーチア」のプロジェクトの実現に際し、働いたのは産業クラスタの方法であったと話した。

「我々はこれを9月の東方経済フォーラムにおいてお見せするつもりです。すでに、南ヤクーチアにおいて我々といっしょに登録する七の潜在的住人がいます。」とS. ツィヴィレフは話した

彼の言葉によると、それは二つの修理・機械工場(採鉱・炭坑技術の修理および露天掘り作業のための技術の修理に関する)、爆発性物質製造に関する工場、3500名分の食糧供給に関する企業、二つの大規模な請負会社で、露天掘り作業において仕事する準備ができている。

「現段階で、我々と連携しているのは、どちらにせよこれらの企業で全部ですが、彼らが発展した時には、彼らが南ヤクーチア全体のサービスを行い、そして発展の土台を与えることができるのです。」と彼は言った。

戻る