In this browser the site may not be displayed correctly. We recommend that you install a modern browser.

Chrome Safari Firefox Opera Explorer

石炭化学研究所

石炭化学研究所

ООО「UK“コルマル”」の石炭化学研究所(UKhL)は2013年に創設されました。同年7月には、UkhLは新しい、改良された機器による、決まった品質の特徴の石炭に関する調査を行うことを始めました。

2013年9月26日にUkhLは研究所における測定状況についての監査の証明書No.198を取得いたしました。

研究所における調査は、分析や実験の実施方法を規則だてた、国家間のスタンダードに適応して厳格に行われます。

研究所にて調査している石炭の品質の主な特徴:

  • 水分…GOST(国家標準規格)52911「固形鉱物燃料。全水分の算定法」およびGOST 11014「褐炭、石炭、無煙炭およびオイルシェール。水分判定の速成法」;
  • 灰分…GOST 11022「固形鉱物燃料。灰分判定の方法」;
  • 揮発物質の露出…GOST 6382「固形鉱物燃料。揮発物質の判定方法」;
  • 全硫黄含有量…GOST 11022「固形鉱物燃料。全硫黄量判定。エシュケ法」;
  • 発熱量…GOST 147(ISO (国際標準化機構)1928-76)「固形鉱物燃料。高位発熱量の判定および低位発熱量の算出」;
  • 可塑度…GOST 1186「石炭。可塑度の判定方法」。

さらに、研究所ではさまざまな品質の石炭やその給鉱の製品は、ZAO「イジツァ」が作った光度計により、開発されたプログラムにもとづいて岩石学調査がされています。このような調査は町のどの研究所でも他では行われていません。