In this browser the site may not be displayed correctly. We recommend that you install a modern browser.

Chrome Safari Firefox Opera Explorer

所在地域

Region of presence

「コルマル」社は、極東連邦管区の、サハ共和国(ヤクーチア)のネリュングリ地区の地域に位置しています。

弊社は古代地質組織の範囲…アルダン・チュリマン台地…の石炭の採掘の認可を受けており、この場所に南ヤクーチアの石炭鉱区が割り当てられています。ロシア連邦地下資源利用庁の公式データによると、地域には24~37の石炭層を持つ25の独立した石炭炭田があり、それらの平均の厚さは2から6メートルです。

企業グループ「コルマル」が開発する層の厚さは0.8から6メートルとなっており、成層の深さは140~200メートルです。メタンの含有が極度に少ないことが南ヤクーチアの石炭の重要な特徴となっており、採掘の安全性に良い影響を及ぼしています。

南ヤクーチアの地理的な位置は、「コルマル」社に戦略的に有利に働いています。発達した地域のインフラストラクチャー、連邦幹線、鉄道および海洋港へ交通の便が良く近いことが、国内市場用、同様に輸出取引用の配達設計の最適化の開発を可能にしています。地域の中心となる居住地はネリュングリ市で、5万人を超えています。地域には二つの発電所…チュリマン火力発電所とネリュングリ国営区発電所…が配置され、チュリマン町には、大きなトン数の胴の広い航空機の受け入れが可能な空港が機能しています。交通の便の良さは、連邦自動車道路…アムール・ヤクーツク幹線道路が供給しています。鉄道が「コルマル」社をBAM鉄道およびシベリア鉄道とつないでいます。環太平洋地域諸国への海路による石炭の輸送は、ムチケ湾にある特化したターミナルを経由して供給されます。