In this browser the site may not be displayed correctly. We recommend that you install a modern browser.

Chrome Safari Firefox Opera Explorer

品質分野における政策

品質分野における政策

株式会社「東方科学調査石炭化学研究所」(AO「VUKhIN」)は露天掘り(チュリマカン炭田の「西」地域)および地下採掘(「デニソフスキー」炭坑および「イナグリンスキー」炭坑)の石炭の精鉱度、品質の特徴およびコークス度の調査を行いました。

OOO「シブニイウグレオボガシェニエ」が各層の石炭ごとの、潜在的な(理論上の)および予期される(実際の)、層による調査による原炭の精鉱製品の指標の定義のもとになる、粒度測定および断片分析を適用した、石炭の精鉱度の詳しい調査を行いました。さらに石炭ごとに、粘結性およびコークス度の指標を国内および国際的な方法で定義する、技術、元素および岩石学分析、同様に精選鉱の灰の科学組成およびその溶解温度を含む、一式の研究分析調査が行われました。

原炭の品質

品質の指標 炭坑 「デニソフスキー」 「西」地域 炭坑「イナグリンスキー」
K4層 D19層 D19層 D15層
分解水分 (W3)、% 0.5 0.8 1.0 0.9
灰 (Ad)、% 26.6 32.8 38.3 25.1
揮発物質の露出 (Vdat)、% 25.4 31.1 33.1 38.1
全硫黄 (Sdt)、% 0.29 0.30 0.20 0.24
発熱量 (Qdat)、kcal/kg 8793 8677 7519 8100
ハンドグローブによる粉砕度、個 77 72 60 65

この表から明らかなように、石炭は灰分(炭坑「デニソフスキー」…26.6%、「西」地域…32.8%、そして炭坑「イナグリンスキー」…25.1~38.3%)と低い硫黄の含有量(0.20~0.30%)が特徴的です。 実際の石炭の密度(ddr)は、その灰分に直接依存し、1.48から1.64g/cm3までで揺れます。

どの層の石炭も高い発熱量(QSdaf>31.5~36.8 MJ/kg)が特徴的です。

ハンドグローブによる石炭の粉砕度(HGI)の指標によると、中程度、もしくは低い強度のカテゴリーの特徴を持っています。